12/11(日)秋田県大館市民文化会館にて、
舞台「地方は活性化するか否か」(ちかすい)が公演されました。

IMG_2140
作者特権(笑)にて、ご招待いただきました。
IMG_2112
会場にはお祝いのお花がたくさん届いておりました!。
さすが大館のアイドル「まちあわせハチ公ガールズ」です。
IMG_6192
そして、版元でもある「学研プラス」からも!!


IMG_6165
IMG_6160
ほぼほぼ原作に忠実に脚本を書いていただき、
そこから動きや進行についてはさまざまなアレンジを加えていただき、
原作を知っていてもさらに楽しめる内容になっておりました!。 
(画像はリハーサル時のものです。舞台本番の撮影は如何に原作者といえどダメですw)

 「みのり高校」の制服も忠実に再現していただき、(なんとオーダーメイドです!)
そしてテーマ曲やBGMもこの舞台に合わせて作っていただきました! 
IMG_6203
IMG_6221
舞台終了後、出演者のみなさんと原作者の記念撮影を。
 


そして翌日・・・・ 
IMG_2137
翌朝、なんと「NHK秋田」にてニュースとして放映されました!。
 
IMG_2118
こうしてニュース映像で見ると、あらためて舞台の感動がよみがえってきます。
 
IMG_2125
しけけ部結成時には、こんなポーズも(笑)。
IMG_2128
観客の方に舞台後の感想をいただいたり、
IMG_2130
作者もインタビューされたりしてました。





〜総評〜

原作者としてこの公演は、開催していただいて本当に良かった!!、の言葉に尽きます。

具体的に何が良かったかというと、主要キャストが原作同様「今、地方にリアルに住んでいる10代の女のコ」が演じてくれたというところに尽きます。セリフも街の「現状」をいつも見てるからこそ自然に感情が入るし、ものすごいくらいに伝わってきました。この演技を超えたリアルさが中央では真似できないところだったと思います。

もともとは私が考えて生み出したキャラクターとセリフが、キャストのまちあわせハチ公ガールズをはじめ峰子先生役の藤盛由果さん(秋田朝日放送アナウンサー)が演じると、なんというか本当に不思議な感覚を覚えました。自分の妄想から生まれたものが、こうして舞台で演じていただくことで「動作」や「声」そして「音」が加わると、命が吹き込まれたというか、リアル感を本当に感じることができました。あらためて本当に素晴らしい舞台だったと思います。

キャストをはじめ、主催の方々、そして協賛、後援してくださった皆さん、そしてなにより観に来てくださった多くの皆さまに改めて感謝致します。

 本当にもう一度観たいですし、観ていただきたい舞台です。
NHK秋田での放映後、さまざまなお声をいただきまして、あらためてその反響の大きさに驚いております。

ぜひとも舞台「地方は活性化するか否か」の今後の動向にもご注目ください!


【追記】toggeterにて「ちかすい」舞台に来ていただいた方々の感想ツイートをまとめております。 

地方の活性化をテーマとした漫画が、地方の現状そのままに地方で舞台化される

 
スポンサードリンク